Elise Cup 250 GP

ロータス・エリーゼ カップ 250 GP EDITIONは、1.8リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力248.4PS、トルク244Nmを実現するエリーゼ カップ 250をベースに、「チームロータス」が1972年から1986年まで戦ったF1をコンセプトに、魅力的なスタイルをまとったクルマとなります。全世界(日本を含む)で40台の限定生産となり、日本には20台が導入されます。日本でのデリバリー開始は2018年11月を予定しています。

エリーゼ カップ 250は、スーパーチャージャーエンジンを搭載しつつ軽量、かつモータースポーツを知り尽くしたロータスのノウハウを活かすことで、248.4PSを出力。優れたハンドリングレスポンスと触覚的フィードバックを発揮するよう設計されたシャーシへと伝達します。 また、軽量素材のリアウィング、フロントスプリッター、リアディフューザーを一新するなど、数々の改良により、エアロダイナミクスを向上させ、224km/hの速度で125kgのダウンフォースを発生します。「カップ」の名を冠する最新の車として、エリーゼ カップ 250は公道走行とサーキット走行の垣根を取り払い、日常に使用できるレースカー機能を備えています。

ロータスの開発チームは、軽量化とパフォーマンス強化に重点を置き、国際的な自動車業界誌から5つ星の評価を受けている最新のエリーゼに導入した大幅なアップデートをベースとして、エリーゼ カップ 250を開発しました。乾燥重量はわずか884kg、0-100km/h加速4.3秒を実現しました。エリーゼ カップ 250には、パフォーマンスを高めるための独自の工夫も多数施されています。 ダンパーの改良、超軽量鍛造ホイールとヨコハマADVAN A048 LTSタイヤ(フロント:195/50 ZR16、リア:225/45 ZR17)の装着などがその例です。

SPEC

モデル名Elise Cup 250 GP
全長(mm)3,800mm
全幅(mm)1,720mm(ミラー除く)
全高(mm)1,130mm
ホイールベース(mm)2,300mm
トレッド 前/後(mm)1,457mm / 1,506mm
最低地上高(mm)140mm
車両重量(kg)917kg ※
乗車定員(名)2名
エンジン型式2ZR-FE
エンジンの種類DOHC 4気筒 VVT-i + スーパーチャージャー
排気量(cc)1,798cc
ボア×ストローク(mm)80.5mm × 88.3mm
圧縮比10:1
許容最高回転数[瞬間](rpm)7,200rpm
最高出力(kw/rpm)182.7kW (248.4ps) / 7200rpm
最大トルク(Nm/rpm)244Nm (24.9kgm) / 3000-7000rpm
最高速度(km/h)248km/h
0-100km加速(s)4.3s
燃料供給システムロータスコントロール電子制御
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量48ℓ
ステアリング形式ラック&ピニオン式
トランスミッション6速MT
サスペンション形式前 / 後 ダブルウィッシュボーン
前 / 後 単筒式ビルシュタイン製ダンパー
前 / 後 アイバッハ製コイルスプリング
ブレーキ形式ABSシステム
前:APレーシング製 2ポッドアルミ合金製キャリパー
後:ブレンボ製シングルピストンキャリパー
ベンチレーテッドブレーキディスク
ブレーキディスクサイズ(mm)前 / 後 288mm
タイヤYOKOHAMA ADVAN A048 LTS
タイヤサイズ前:195/50 ZR16 後:225/45 ZR17
ホイールサイズ前:7.0J × 16 後:8.0 J × 17
シャーシロータス製オールアルミモノコック
ボディオールグラスファイバーボディ (FRP素材)

※諸元数値は、イギリス本国発表値を基にしています(重量はKerb weight)。
※諸元数値は、2018年10月18日現在の数値となり、予告無く変更される場合がございます。